債務整理の賢い選びかた

債務整理の賢い選びかたのポイントは、無料相談をできるか、実績が充分にある事務所なのか、費用と支払い方法はどうなのか

 

この3点が重要です。

 

債務整理には、「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4つの種類があります。

 

債務整理では裁判所が関与していない任意整理では交渉により支払計画を組めて、交渉相手の貸金業者によっては3年をこえる返済計画を組むといったことができます。

 

そして自己破産と異なっていて、資産処分をされたり、職業上の制限もないのです。また自己破産と民事再生では全債権者を対象に入れて手続きをしなければなりません。

 

そして債務整理のすべての手続きに共通していきますが、信用情報機関に登録されて、ブラックリストとして登録されるのです。

 

このために新しく借り入れが難しくなってきて5~7年程度借金やローンができなくなるのです。

 

また、クレジットカードも作れませんので、これは今の社会ではとても痛いことでしょう。

 

ほかには引っ越しができにくいといったことや戸籍に乗ってしまうといったことなどを心配することがあるのですが、そうした事実はないのです。

 

そして通常の生活では、知人家族に知られてしまうような危険も少ないのです。

 

そして裁判所が関与していませんから、強引な貸金業者だとまれに和解が成立できないようなことがあります。

 

そして、元金自体のカットにはなりませんから、毎月の支払額は、民事再生ほど減額はされずに、任意整理デメリットとして、任意整理は自分でしていくといったことは困難であり、弁護士に依頼すれば費用が掛かってきます。
債務整理方法

更新履歴


このページの先頭へ戻る